【自学自伸】答え合わせ① 正解の基準を下げない。

明成個別では、自学自伸の生徒を育てる。

自学自伸の大事なポイントの1つ、問題の答え合わせについて。

大事なポイントがいくつかあるので一つひとつ紹介。

【正解の基準を下げない。】

私の塾では学年1位を取り続ける生徒がいる。その子はとても細かなところまで答えがあっているかの確認をしてくる。

数学の計算や11答ならば白黒はっきりしている。しかし、記述問題や説明問題に関しては解答と完全に一致するということはありえない。その時の対応がきれいに分かれる。

成績が伸びる子ほど、自分の解答と模範解答の細かな差を放っておかず、をつけたり、質問をしてくる。反対に、成績が伸びない子ほど、本当に甘い丸付けをする。「まぁ書いてあることは一緒だからいいだろう」と、要点をはずした答えなのに丸にしてしまうのだ。

丸付け甘いままでテストに臨むと、答えは書けているのだが点数につながっていない。毎回反省をしたふりをして、記述を頑張るというのだが、このような丸付けの姿勢なら100題記述問題を説いてもできるようになんてなるはずがない。

まずは、答えを正しく見ること、細かく確認することがすべてのスタートだ。