一問の重さ

ある程度の量を勉強できている人が次のステップに上がるための一つとして

一問間違えにどれだけ経験値を得ることができるか

ここが重要になってきます。



×を付けて次の問題に行くのはもちろんダメ。


ただ答えを理解するだけなのか、そこから周辺知識を取り入れるのか。




それぞれ生徒によって次のレベルは違ってきますが、



「2度と同じような間違いをしたくない」と思うことが大切です。



同じ間違いしないために暗記、類題の演習、概念の理解を時には周りの力を借りて進めていく。


すると一問の間違いというお宝からの経験値量が上がる。


特にテストで100点を取るにはそういった隙の無さが必要だと私は思います。



大人も一つのミスからいくつ学べるかって大切ですからね。

この記事を書いた人

yukimihara