【明成ふじみ野】国語が大進化します!

#ちびぬま先生のブログ

 

中学部の国語が、2学期より進化します✨

 

 

その1、読解レベル別テキストになります!

 

夏期講習から、学年ではなく【読解レベル別】のテキストに変更して、指導しています。

 

成長の実感が感じられにくい教科ですが、夏期講習の国語テキストを通して、生徒からも、

「国語ができるようになってきた!」という声があがっています😊

 

 

その2、読解力養成 × 学校対策の両どりに進化します❗️

 

正直に言いますと、「学校の国語のテスト」「学校のワーク」「教科書準拠テキスト」では、読解力はつきません。

 

なぜなら、学校の教科書をベースとした国語のテスト・テキストは、「暗記科目」だからです。

 

 

そして、読解力を鍛えることをせずに受験生になると、

「学校のテストはできるのに、入試形式の問題になると解けない」

という生徒が多くでます💦

 

更に、読解力はすぐに身につくものではないので、早いうちから、国語を暗記科目としてではなく、読解力を鍛えるために取り組んでいた生徒の方が、圧倒的に有利になります。

 

 

そこで、明成では、

 

 

普段は【レベル別読解テキスト】で入試に向けた読解力養成

 

テスト前は【教科書準拠テキスト】で学校の定期テスト対策

 

の両どりでサポートいたします!

 

3、暗記科目にしない『迷宮スタイル指導』!

 

また、国語がただの暗記科目とならないよう、

先生が丸付けをし、自分の力で解答にたどりつけるまで考え続け、丸がつくまで解き直しをする

【迷宮スタイル指導】

となります!

(もちろん、難しいときには問いかけベースの指導でヒントを出します!)

 

一度読んだ時には流していた内容も、迷宮スタイルにすることで、

接続詞やキーワードに注目したり、意味のわからない語句を予想して調べたり、問題文を読み直したりと、深く読み込むようになります。

  

 

------------------

 

国語(読解力)は、全教科に通ずる最も大切な力です。

読解力がなかったら、理科・社会の問題文も、英語の長文も、数学の文章題も、太刀打ちできません。

実際、理社の知識はあるのに、英語は訳せているのに、数学の計算はできるのに、

 

問題文が理解できていないために解けない

 

という生徒が本当に多いです。その場合は、どれだけ各教科の知識を入れても、どれだけ他教科の勉強をしても、点数がが伸びにくいことが多いです。

にも関わらず、「(学校の)国語はできるから」と、国語を甘くみている生徒が、本当に多い。。。

 

 

 

読解力はすぐに身につくものではないので、今のうちからきちんと対策をしていきましょう‼️

 

 

 

 

 

明成個別ふじみ野西口校は、子どもたちの自学自伸の力を育み成績UPを目指す、ふじみ野地域の教育学習塾です! / 東原、西原、東台、大井、亀久保、三角小など。/ 大井、大井東、大井西、福岡、花の木、勝瀬、三芳、冨岡中など。/ 様々な小・中学校の生徒や近隣の高校生が通ってくれています!

この記事を書いた人