【明成ふじみ野】テスト返却時の声のかけ方が大切です❗️

#ちびぬま先生のブログ

 

【子育て・教育に必要な「二つの目」】

こちらは、EIMEI グループ代表の川上が執筆中の「小説(風)子育て日記」からの抜粋になります💡

テスト返却期間は特に、「一つの目」だけで子どもを見てしまうと、逆効果の声かけをしてしまうこもがあります💦


「二つの目」を持つことが大切ですね!

 

 

=================

 

テスト2週間前毎日塾「Nexus対策」や、「土日勉強合宿」など、

定期テストに向けて、子どもたちも本当に一生懸命に勉強に臨んでいました!

 

 

ただ、勉強は、努力した分、すぐに結果に現れないのともあります💦

もちろん、日々の授業の中で、確実にできることは増えています。英単語を覚えたり、基礎計算ができるようになったり。

ただ、点数という結果に現れるには、もう一歩先の力が必要になってきます。

 

勉強は結果につながるまでには時間差がある、という意識を持っておくことも大切です。

 

 

だからこそ、大人からのテスト返却時の声のかけ方がカギになります。

もちろん、子どもに勉強の指摘をして、プラスの方向に持っていけるのであれば、それが一番です。

 

ただ、親子だと近い関係だからこそ、勉強に関しての指摘はなかなか伝わりづらく、

むしろ、「あんなに頑張ったのに。」「次は頑張ろうって思ってたのに。」

と、逆効果になってしまうことが多い時期かと思います💦

 

 

 

ですので、ぜひご家庭では

 

 

 

「よかった教科は何?」と努力を認め、

「ダメだった教科は、塾の先生からアドバイスもらってきなさいね😊」

 

 

 

というように、

塾とご家庭とで役割分担をしてサポートしていくことが大切かと思います。

 

 

もちろん、結果に繋がらなかった教科については、一人ひとり分析・アドバイスし、次につながるようサポートして参ります❗️

 

引き続き、塾とご家庭とで、協力しながらお子様のサポートをさせていただければと思います。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

この記事を書いた人