【ふじみ野】辛いときほど人生の大事なポイントになる。

人生をふりかえって、

成長したな〜とか

あのときは頑張ってたよな〜とか

そういう記憶に残る瞬間ってありますね。

 

それは、だいたいが

「辛いとき」

です。

 

楽なときって、

なんにも記憶に残っていないものです。

 

いま学総があったり

テストがあったり、

習い事があったり、

どれも頑張ることはとても大変です。

 

でも、おもしろいことに

どれも頑張っている人のほうがキラキラしてて

簡単に諦めて捨てちゃう人のほうがどんよりしている事が多い。

 

楽することと楽しいことはちがうんですね。

 

だから、簡単には捨てないでほしい。

確かに辛いことはあるけど、

色んな人と協力しながら乗り越えていってほしい。

 

こうやって辛いことを乗り越えたあとには、

必ず人生に”なにか”が残る。

そのなにかが増えていくことは人生を豊にすると思うんです。

 

楽ばかりして、

何も残らない学校生活を送ってほしくない。

 

だから

勉強も捨てずに、部活も捨てずに、全部頑張ってみてほしいな。学生には伝えたいこと。