【ふじみ野】塾は”活用する”もの

塾というのは、

生徒が学びのために積極的に”活用する”ものだ

 

塾に入れば成績があがるわけでも

塾に来てれば成績があがるわけでもない。

 

どちらにしても、

塾に入って「自分で学んで解ける問題が増えれば」成績があがるし

塾に来て「自分で学んで解ける問題が増えれば」成績もあがる。

 

結局自分なら、塾に行く意味がない?

いや、それは違うね。

 

塾に入ることの大事なポイントは

この当たり前の「自分で学んでいく」

ということへの姿勢や方法を学ぶことにある。

 

よくあるのがね「塾に入ったから家では勉強をやらなくていい」という壮大な勘違いね。

 

塾は先生にわからないところを教えてもらうのはもちろん、それらを通して学習方法を学んで行く場所。

学習というのは場所は関係ない。

 

塾であろうと家であろうと学校であろうと、

自らの考えて自ら身につける。

 

馬を水辺につれていけるが

水を飲ませることはできない。

 

これが学修の基本だからね。

 

学び取るのはいつでも自分。

 

その姿勢と方法を教える塾じゃないとニセモノだよ。