【ふじみ野】自学自伸の力 受験だけでは終わらない。

自学自伸の力を身につける。

このことの意味は思っている以上に大きい。

前提として、今の子供達はVUCAの時代に生きている。

将来はどうなっていくのか誰も予測できない時代だ。

そして、日本も少子化、人口減少が避けられない。

さらに、人生100年時代だとも言われたり、個の時代だとも言われたりしてる。

つまり、
日々学び、日々成長していく人でなければ人生は広がらない。
だんだん狭く、だんだん自由がなくなっていく。

きっと、子どもたちはそこそこ恵まれた人生を送っていて、このままなんとなく人生を生きていっても苦労しないだろうと思ってる。

それは大きな間違いだ。

確かに、実際に10年後、大した努力や成長もせずに生きていながら思い通りの人生を送れる人がいるのかもしれない。

それはめでたいことだ。「塾の先生はビビらせてきたけど大したことないじゃん」と。
それで塾の先生を批判すればいい。俺たちは批判されないために塾をやってるわけではないから。

でもね、もし塾の先生がいう通りのことが起きたら?
能力なさゆえに、生きたい人生も生きられず、なにか強いられて生きていく人生。
もっとこうだったら、あの時こうしていればと後悔して生きる人生を送らなければならなかったら?誰を批判すればいい?どこにその後悔を向ける?後悔して人生をやり直せるのか?

そうならないように、塾の先生の話を聞いて、
「成長してやろう!」と思って頑張った結果、その最悪の事態を避けられたとしたら?

きっとその子はこういうね

「先生、ありがとう!あの時頑張ったから今の自分がいる!先生のおかげで自分の好きな人生が送れるよ!」

ってね。

その言葉のために俺たちは塾やってる。

少なくとも俺は子どものときこの塾に通って、それを学んで、人生楽しめてる。

だから、1人でも多くの未来に感じる「ありがとう」を得られるために頑張ってる。

その土台が自学自伸なんだよね。

常に教えてくれる人がいない世の中だからこそ、自分で学ぶ力が絶対に必要なんだ。

今日も頑張るぞ。

この記事を書いた人