【第3期生保護者様】

無事に今日の日を迎えられました。今まで本当にありがとうございました。

明成個別に出会えて、■■は幸せです。明成個別で勉強を学ぶだけでなく、目標を持って諦めない気持ち、頑張ったからこその悔しい気持ち、人を喜ばせたい気持ち、人に感謝する気持ち、人を応援したくなる気持ち、これからの人生で大切なことをたくさん学ぶことができました。

塾が、家よりも楽しい場所、自分をわかってもらえる場所になっているようで、少し嫉妬してしまうくらいですが有り難く感謝しています。

私も、教えてもらえたことがあります。子供の可能性を親が決めないことです。当たり前のことでわかっているつもりでも、実際できていなかったことに気づきました。

多分自分の偏差値と比べ、今くらいでいいんじゃないかと思っていました。塾へ通う前から、テスト前の休みの日は自分から10時間勉強できていたので、結果が思うように伸びなくても必要以上に期待してプレッシャーを与えるものでないと、頭が良くなくても人の気持ちがわかる人になれればいいんじゃないかとか、頭が良くなくても仕事ができる人もいるしとか、、

でもそれは親の価値観で子供の可能性を決めて、子供にすごく失礼なことだと気づきました。それでも目標偏差値60と言い出した時、正直戸惑いました。えっ、そんなの、、でも■■は自分で決めた目標に向かって頑張っていました。そして国語以外、苦手な理社も達成させました。先生が本気で教えてくれ頑張れたからだと思います。高校受験は子供が成長する大きなチャンスで、その時にこれくらいでいいやと諦めずに高い目標を持って頑張れることが、後の生き方に影響してくるということ。楽な道を選んできた私には教えられないことを、先生は■■に教えてくれました。

 

改めて歳じゃないなぁと実感します。先生からも、恥ずかしながら■■からも教えてもらうことが多いです。私は塾長の話しか聞いていませんが、他の先生たちも塾長の教えが伝わっているんだろうなぁと感じています。塾の説明会はいつも楽しかったです。先生がいろんな立場の人のことを考えて話していることもよく伝わってきます。最後の急遽開いてもらった説明会はすごく良かったです。

合格できなかった報告をするときの子供の気持ち、本当によくわかっていてびっくりです。実際に■■は、駄目だった時に友達に気を使わせるのが嫌だと話していたことがあります。それから、今まで頑張ってきたことが意味なかったと思うことが一番駄目なことっていう話など、先生の話を受験生の親たちみんな聞けたらいいのになぁと思うくらいでした。

また、受験の時だけではなく、これからの子供のことを想う気持ち、塾の先生としての責任の強さが伝わり、本当に本当にこの塾と出会えて幸せだなぁと思いました。たくさん伝えた上手くまとめられずわかりにくい文で長くなりましたが、本当にありがとうございました。